スポーツクラブ

いきいきパパのリラックス生活ガイド

スポーツクラブ

Google

スポーツクラブでリラックス

スポンサーリンク

 スポーツクラブでリラックス
 体にいい事やってる?健康食品を採るのも手だが、人間の体は汗をかいて動かさないと病気になりますよ。

人間、健康が一番。そして、どんなときも疲れにくい体力と心を身につけておくこと。それに、スポーツクラブに通い続けることです。
ぱぴいは、スポーツクラブに通って、早10年。挫折することなく、通い続けています。
暇つぶしや出会いとかをクラブに求めてはダメです。痩せてカッコよくなって、モテようとか、別の目的では長続きしません。

長続きするには、経済的に余裕があるだけでなく、自分自身の健康をスポーツクラブに投資するというポリシーを持っていることが大事なのです。
長続きの条件としては、クラブにあまり通わない事と、無理をしない事です。お金を払っているからと、毎日のように通うと飽きてしまいます。
自分の休みの暇な時だけでいいです。月多くて4回、少なくて2回位のペースで続けるのが10年会員です。
疲れるくらいメニューをこなさないことも大事です。信販会社のCMではないですが、
自分のペースに合わせて、疲れない程度に自己の心身をリフレッシュさせるのが、スマートなやり方なのです。
あくまで自分の健康維持の為に通うのです。病気しない体をつくり、仕事も遊びも頑張れるのならスポーツクラブの会費は医療費と比べ安いものです。
それでは、一般的なメニューを紹介しましょう。

スタジオレッスン エアロビクス
エアロビとは、有酸素運動の事。音楽に合わせ体を動かし、楽しめればいいのです。
エアロビクス初級: ベーシックエアロ、かんたんエアロとかクラブによって呼び方は違う。前4つ、マンボステップ、Vステップ、サイドステップ、レッグカール、グレープバインの基本的な動作を覚えれば、楽しく踊れる。はじめてでも、恥ずかしがらないで、体を動かしていると、自然に覚えられます。
エアロビクス中級: コンディショニングエアロ、脂肪燃焼エアロとも言う。基本的な動きに少し複雑な動きを加え、初級に比べ時間も長くなっている。少しターンも入ってくるので、頭の回転も速さが要求されるが、たとえ、間違えてもマイペースで体を動かせば良い。
エアロビクス上級: パワフルエアロ、チャレンジエアロと呼んでいるところもある。サイドキック、ニーアップ、ヒップシェイクなどハードな動きを取り入れている。スピーディーで、ターンも複雑なので、難易度、強度とも高い。毎回、同じインストラクターのレッスンに参加して、そのインストラクターの動きのパターンや癖を習得すれば、うまく踊れるようになる。たまにエアロに入る人は、きついので、お勧めはしない。 
ステップエアロ: ステップエアロが導入され、14年位ですが、根強い人気で、ほとんどのクラブでプログラムがあります。ステップ台を使っての、昇降運動で、初級はVステップ位のレッスンですが、上級になると、ターンが加わったり、ステップが複雑にスピーディになる。スピードに乗らなくていいから、しっかりと足をステップ台に乗せ、正確に昇降運動することが、大事です。よそ見すると足を踏み外しケガすることもあるので、注意。脂肪燃焼と下半身のシェイプアップに効果あります。 
ラテンエアロ: ラテン音楽に合わせ、かなり激しく腰をふり、リズムをとって踊る。体をくねくねさせるので、若い女の子の踊りを見るのは楽しいが、男がするのは、オカマ踊りみたいでちょっと・・・・。腰のシェイプアップに効果あり。 
ヒップホップ: ノリノリの曲に合わせ、楽しくダンスします。ブレイクダンスはヒップホップの代表的な踊りで、基本をマスターできる。ルーティーン作るので、お友達と一緒に受けるといいです。まあ、楽しめればいいんじゃないの。 

スタジオレッスン その他のレツスン
ストレッチ、ヨガなど健康を促進するためのプログラム。心身ともリラックスして、積極的に参加しよう
ヨガ: 
パワーヨガ:
体の内部から、ヨガ独持の呼吸法やポーズを習得して、健康になるためのプロブラム。初めはポーズが出来なくても無理しないこと。しているうちに少しずつ筋肉は伸びてきます。瞑想は特に心がリラックス出来ていいです。どこのクラブも人気で教室はいっぱいですね。 
コアトレーニング:
コアコンディショニング
ストレッチのような、ヨガのようなそんな感じのレッスン。姿勢を矯正するためのバランスエクササイズを取り入れているので、足を伸ばしたり上げたり、腹筋したりと結構シンドイです。お腹やお尻は引き締まるかも(^.^)
バランスボール: 初めてバランスボールに参加した時小さい頃大きなボールで遊んだことを思い出し、思わず笑顔が出でしまった「ぱぴい」です。ボールを使ったストレッチ&エクササイズです。ボールは4000円位なので買って自分でも出来そうだが、家が狭い人はジャマかも。自分でするのもいいが、姿勢に気を付けないと関節など痛めることもあるので注意。やはりクラブで参加したほうが大きな鏡で姿勢がチェックできていいです。それに「ぱぴい」の通ってるクラブのインストラクターの先生可愛いし!(笑)(これは関係なし) 
太極拳: 中国武術の一つで健康に良いとされている。基本の手型、歩型、姿勢、動作があり、まず動きに慣れる事。それから24式太極拳と云われている動作をマスターする。ただしスポーツクラブでの太極拳は、あくまで運動が目的なので本格的ではないし、伝授する時間もない。面白くなって興味があるなら、本物の太極拳塾に入門すると良い。 
ボディサイエンス:
ピラティス:
ストレッチ体操を少し長くしたようなもの。複式呼吸を使って全身の筋肉を強化したり、姿勢を正しく直したりする。誰でもできて、難しくないのでお勧めです。 
ダンベル体操:
ダンベルステップ:
ダンベルを持って、軽くエクササイズするのですが、思った以上にかなりキツイ。一番軽いダンベル持っても、初めての人はキツイので、筋トレをある程度行ってから参加したほうがいいかもしれませんね。ダンベルとステップ台を使ってしているクラスもあります。筋肉アップしたい方向き。 

プールプログラム
水の抵抗力を利用して、体に負担をかけることなくレッスンができます。

水中ウォーキング: 水の中でのウォーキングは、水の抵抗力があるので、普通のウォーキングよりは、体力的に楽で効果的と言われています。カニ歩き、逆さ歩きなどいろいろ、歩き方を変えて動いてみるのもいいでしょう。腰痛にもいいですし、ぱぴいはエアロの後の体のコンデショニングプログラムとして取り入れています。 
アクアビクス: 音楽に合わせて、水中で行うエアロビクスです。やってみると楽しいです。ただし、やたらとオバサン達が多いレッスンなので、オバサンパワーに負けそうですが、くじけず参加しましょう。
アクアダンベル: 水中で使うダンベルは、プラスチック製なので軽く体に無理なくトレーニングできる。筋肉パワーアップによい。 
アクアミット: 手袋をつけて、水中で体を動かします。腕の筋肉つきそうです。いろいろ考えますね。 
アクアフィンベル: フィンベル(ひとつずつ両手に持つダンベルのようなもの)を持って水中体操です。 
バタフライ:
背泳ぎ:
平泳ぎ:
クロール:
いずれも基本を中心としたレッスンです。きれいに楽しく泳げるようになるのが目的です。 

































いきいきパパのリラックス
生活ガイドTOP
ネットカフェでリラックス
ツボ、マッサージ
整体でリラックス
気功法、ヨーガでリラックス
温泉でリラックス
森林浴でリラックス
スポーツクラブでリラックス
禁煙でリラックス
緑茶でリラックス
自己催眠でリラックス
映画でリラックス
旅行でリラックス
ペットでリラックス
(アニマルセラピー)
キャラクターでリラックス
(リラックマ)

ぱぴいのリラックス写真館
ぱぴいのリラックスこらむ
ディズニーリゾートでリラックス
プロフィール
リンク集










































































































スポンサーリンク




Copyright (C) All Rights Reserved